筋・筋膜性腰痛(筋性腰痛症)とは!?   昭島・立川・日野の整体 ハル整骨院

こんにちは、骨格矯正専門院のハル整骨院です。

腰痛で苦しんだ人、現在進行形の方、なってしまいそうな方は今回筋・筋膜性腰痛の知識を入れておくと腰を痛めたときに役立つと思います。  

筋・筋膜性腰痛の特徴とは

筋・筋膜性腰痛とは字のごとく筋肉あるいは筋肉の膜が痛めている状態の事です。

症状が軽いと腰が凝っている・違和感・だるさなどが表れ症状が重いと強い痛み・歩行時痛・熱感などが出てきます。急に強い痛みが出た場合はぎっくり腰にもなります。

場所は脊柱起立筋・多裂筋・腰方形筋に多く脊柱の周りか骨盤上に多いです。

筋肉を急激に捻ったり筋肉をどんどん疲労させ過緊張になってい痛めてしまういわば「肉離れ」状態にあります。 

 

筋肉を痛める原因とは

長時間立ちっぱなしの作業や座りっぱなしでも発生します。

むしろ座る方が腰にかかる負担は多いのです。なんで腰が痛くなる編で解説しています

腰を使い続ける動作でも発生することが多くスポーツ選手などで常に腰に負担がかかるスポーツで良く見られます。

スポーツで急に捻ったりして痛めてしますケースも非常に多いです。  

治療方法、予防

急性腰痛(ぎっくり腰など)はまず必ず冷やしてください。(やりすぎは禁物)

1回15分1時間おき。

筋・筋膜性腰痛の治療は筋肉を緩めるために骨格の矯正を行い腰のバランスを整えるのが一番です。

それ以外にも関節の可動域の改善させるストレッチ矯正なども効果抜群です。

予防としてはまずは股関節のストレッチですね。

床で股開きからの前屈、側屈など。 あと重要なのは足首、足の指のストレッチ。

こちらは自律神経失調症、自分で整体しましょう2で紹介 それ以外にもラジオ体操などがてきめんですね。

 腰の専門治療院は昭島・立川・日野の整体、西立川駅から徒歩10分ハル整骨院でお任せください!(^^)!

立川の整体なら自然治癒力を高めるハル整骨院のTOPへ戻る >