身体を歪ませないために子供の頃からが大切! 

ようやく桜の季節になってきましたね。

昨日は羽村市の桜祭りに行ってまいりました。

多摩川の近く、玉川上水のすぐ目の前で桜祭りが開催されていました。 が、肝心の桜が全く咲いていません( ̄▽ ̄) 自分の近所の昭島の昭和公園では5分咲ぐらいの桜があったのに羽村では1分も咲いていない桜ばっかり。

たぶん青梅の近くなので気温も都心部に比べると大分低いせいかも。

それでも出店・屋台は大賑わいでたくさんの人たちがいました。

その日はうちの奥さんの機嫌が良かったのか龍之介君にスーパーボール拾い、くじ引きなどたくさんやらしてあげている(^-^;

くじ引きでとった刀をぶんぶん振り回しておお喜び。

IMG_5247[1]

うちの子以外の子供たちもたくさんはしゃいでいました。

また職業病で他の子達をみていましたが、最近の子供は線が細いです。

いわゆる筋肉の付きが昔の子供より少なくてひょろひょろにみえる。 やはり赤ちゃんのときからの成長が関係しているような気がします。 参考に→ハイハイたくさんしないと大人になって歪んじゃう!?

今、患者様で小学生の子が来ていて腰痛・頭痛もちなのです。

昔ならありえないのですが最近は身体が歪んでいる子供が多いのです。

それは今の子は足がうまく使えていなくて歪んでしまうのです。

その理由の一つに運動不足の低下にあります。

昔なら原っぱを裸足で遊んだりしましたが今では空き地などほとんどなく公園はありますがまず裸足でなんてとても遊べません。

そんなわけで運動不足と足の退化で歪んでしまうのですが最近優良保育園だと裸足で遊ばせて足を鍛えさせるところもあります。 もしそのような所に入れたらラッキーですね(このご時世保育園に入れるだけでもねぇ(^_^;))

小さなお子さんがいる方はできるだけ裸足で遊ばせてあげましょう!

子供・小児の治療はこちらからhttp://tachikawa-seitai.net/

子供専門の骨格矯正なら昭島・立川・日野での整体、西立川駅から徒歩10分ハル整骨院で!(^^)!

立川の整体なら自然治癒力を高めるハル整骨院のTOPへ戻る >