様々な症状が出る「頚椎症」の対処法

こんにちはハル整骨院です。

先日のテーマ「頚椎症」、肩こり、頭痛、吐き気それ以外にも様々な症状が出るような大変なもの。

早めに対処しないと重大な事態に陥ってしまいます。

どうすればよいでしょうか?

 

首の問題は枕の高さが大事

枕が高いことで首にかかる負担が増大します。

特にストレートネックの人は高くすることでよりストレートネックになってしまう

ストレートネックは頚椎症の大要因なのでならないために枕を低くする。

だいたい自分の母指球の厚さぐらいで大丈夫です。

僕だと約3センチぐらいなのでタオルをたたんでそれくらいの厚さになるよう調節しています。

IMG_5293

首のマッケンジー体操

ニュージーランドの理学療法士のロビンマッケンジー先生が考案したマッケンジー体操がお勧めです。

腰の体操を紹介しましたが今回は首の対象をご紹介します。

腰痛に良いマッケンジー体操のやり方と3つのポイント!

頸ではまず椅子に座って背筋をしっかり伸ばします。

  • 顎を少し引いて顔を前に出します。
  • このとき首の部分がスライドするようにし、顎が上に向かないようにします。
  • 今度は元の位置に戻ります。
  • このときも顎が上向かないよう顎を引いといてください。
  • 次に顎を上にあげます。
  • しっかりあげたら元に戻します。

DSC_0166[1]DSC_0167[1]DSC_0168[1]

これを1セット10回はやってください。

マッケンジー先生は一日1セット一時間開けて7回やってくれといってますがなかなか仕事している方はできないと思いますので4回ぐらい目指してやってください。

タオル枕と併用していれば効果もでてきますよ。

 

頚椎症、どんな職業・人になりやすいかと記載しました。

ひとつ忘れていたのが最近多いストレスで身体が歪んでしまうことがあるということ。

それは首にも当てはまりストレスが頚椎症を引き起こしてしまうのです。

京都大学の実験結果で腰痛の原因はストレスに起因するものが多い、それは腰だけでなく色んな場所にもでてしまうと発表もありました。

なので姿勢もそうですが食事、睡眠、環境これらを良くできるよう心掛けたいですね♪

肩こり、頚椎症は昭島・立川での整体、西立川駅から徒歩10分ハル整骨院で(*’▽’)

立川の整体なら自然治癒力を高めるハル整骨院のTOPへ戻る >