電磁波で気をつけなければいけない家電製品の付き合い方!

こんにちはハル整骨院です。

たまんない暑さがつづきますね。

今日は一息つけた感じですがまた明日から猛暑が続くみたいです。

昨日もありましたがゲリラ豪雨には本当に注意ですね。

前回も電磁波による問題でしたが今回はどのような事に注意していけばいいかを伝えてきます。

 

強い磁場がでている電化製品の近くには行かない

なんといっても電子レンジ

使用している最中が問題で使用してない時は全く問題なし。

自分もそうなのですが敏感な人は使用中ジワジワと磁場が感じられるのがわかります。

家電でいうとテレビ。テレビをつけるとものによってはよくビーっと鳴ることがありますがそれが電磁波も一緒に出ている時です。

あまり近くでみすぎないようにしてください。

特に小さいお子さんは影響を受けやすいので前にしがみついて見せないこと。

冷蔵庫は意外に結構出ています。できるだけ手早く出し入れしましょう。

ドライヤーは結構出ていてこちらもできるだけ早く使用しましょう。髪の毛はだいたい8部くらい乾いていればOKみたいですよ。

 

デスク周りでも気を付ける!

特に気をつけなければいけないデスク周り!

ここは電磁波だらけの包囲網です。

まずパソコン、デスクトップなら本体を離してれば影響は少なくて済みます。

ノートパソコンだとかなり危険です!

ちょうどキーボードのしたの手を置いてしまうところにモーターなどがありそこからかなりの電磁波がでています。

しかし横についてる電源コードを抜けばかなり電磁波の出る量が抑えられますよ。

プリンター機は意外に使っていなくても出ているので使用していない時は電源を切っときましょう。

それ以外ラミネーターや電気機器は使用していない時は必ず電源を切りましょう。

そうすることで確実に電磁波を受ける量が減り頭痛・肩こりの影響を減らせられますよ(^^)

自分も電磁波被害者ですが測定器でどれくらい出ているか測り対策をしましたので皆さんも興味があればやってみてくださいね。

DSC_0187

 

昭島・立川の整体、西立川駅から徒歩10分ハル整骨院で!(^^)!  

立川の整体なら自然治癒力を高めるハル整骨院のTOPへ戻る >