肩こり・腰痛・自律神経症状を改善できる呼吸トレーニングとは 

先日深い呼吸で身体の不調が変わると言いました。

本日はどうやったら深いゾーンでの呼吸ができやすくするかをお教えします。

いつもどんな時でもCゾーンでの呼吸ができるか(厳密には呼気)

料理しているとき、洗濯しているとき、仕事しているとき、スポーツしているとき、さまざまな動作・動いている時間があります。

Cゾーンを意識していないとなかなか深い呼吸ができません。

ではどうやったら意識しないでも深く呼吸できるのか?

今回はできるようなるため2つのレッスンをしていきます。

 

呼吸を中心におさめる

まず立って3回深呼吸して今の呼吸の深さを確認しましょう。

次に床に手を突いてしゃがみます。

IMG_5336[1]

その後お尻を高く突き出すようあげます。

できるだけ高く上げるのがポイントです。

IMG_5337[1]

そしたらちょこちょこ歩きをします。

このとき大股にならないよう10~20歩くらい歩きます。

IMG_5338[1]

そしたら両手の間に両足が入るようにします。

身体が硬い人は掌がついてなくてもOK。

IMG_5339[1]

※画像ではわかりにくいですがしっかり手の間に両足入る事

最後に立って深呼吸します。

 

呼吸を深く知るためのトレ

次に呼吸を自然と深くするためのトレーニング。

まずうつ伏せになり顔を向きやすい方或いは向いて楽な方に向けます。

IMG_5343[1]

今度は両足を曲げ90度にして足先をくっつけたままずらさないようにして左右に倒し、倒しやすい方あるいは楽な方に倒します。

IMG_5344[1]

そしたら下の方にある足の膝をできるだけ上の方に持ち上げもう1つの足の膝の上にくるよう持っていきます。

IMG_5345[1]

この状態で1分深呼吸して終了。

もう一度立って深呼吸してみてください。

どうですか、先ほどより深く吸いやすいと思います。

まずこのトレーニングを3か月やると変化がでます。

地道に毎日やるのがポイントです。

毎日の血液循環が良くならないと自然治癒力を高める事が出来ないからです。

是非興味のある方はやってみてください。

もっと詳しくしれたい方は

深呼吸の魔法 森田愛子著書 に色々と載っていますので是非この方の本を読んでみてください。

 

立川の整体なら自然治癒力を高めるハル整骨院のTOPへ戻る >