昭島市・西立川でコルセットを使わず腰痛を改善させる整骨院

西立川駅から徒歩10分・駐車場3台分あり アクセス 当院について
9:00〜13:00/15:00〜20:00 休診日:日曜、水曜13:00〜 042-519-4059 ネット予約
CLOSE

「腰痛にコルセットは本当に効くの?」と疑問に思ったことはありませんか?

「やってはいるけど効果が実感できない」なんて思う方も。

最近では腰痛にコルセットは必要ないと言われる医者や医療関係者も多いです。

どうしてそのように言われるようになったのか。

 

腰痛にコルセット効果がないと言われる背景とは?歴史的な変遷を追う

腰痛には、コルセットが効果的であると言われてきました。
しかし、最近では「コルセットは効果がない」との意見が出ています。この考え方は、何が原因で生まれたのでしょうか?歴史的な変遷を追ってみましょう。

コルセットの歴史

地球上にコルセットの原型が誕生したのは、遡ること紀元前1600年とも言われている。

9 ~13世紀、北欧神話の中でトール神が力帯メギョンギョルズを装着していたという伝承が残っていて、

今で言う医療・運動補助、男性向け腰の保護具あるいは体幹固定具として存在していたそうです。

その後、ヨーロッパでは中世になると、鉄の板を使ったコルセット(スチール製)や鯨髭製が登場しました。これが、現代のコルセットの原型となっています。

当初は、コルセットは医療目的ではなく女性たちの美意識が高めるファッションアイテムとしても注目を集めるようになりました。

19世紀に入ると、ウエストを細くするために、より細くて柔らかい素材で作られたコルセットが登場。しかし、長時間着用することで身体に悪影響を与えることが明らかになり、反対運動も起こりました。

現代では、医療用途やファッションアイテムとしてのコルセットは共存している状態です。

参照:ウィキペディア

参考情報:ヴォーグのファッション百科事典: コルセットの歴史

 

なぜコルセット効果がないと言われるのか?

第一に、コルセットが腰痛に効果があるかどうかは、腰痛の原因や症状によって異なるため、一概には言えないという点が挙げられます。いくつかの研究は、腰痛に対してコルセットが一時的な痛みの緩和につながり有効であると主張する部分の研究もありますが、その結論は一貫していません。

第二に、コルセットを使用しても、腰痛の原因となる姿勢や運動不足、ストレスなどの根本的な問題を解決できないため、腰痛の改善には限界があるとされます。コルセットだけで有効ではなく、他の治療法と組み合わせて使用​​する必要があるということです。

第三に、コルセットの仕方によっても効果がないと言われることがあります。また、コルセットを使用したまま運動を行うと、負荷がかかる箇所が変わってしまい、逆に腰痛を悪化させるため、正しい使い方が必要です。

※筋肉が落ちると言われてきたが検証では筋肉弱化はしない?

参考情報:コルセットの長期着用が慢性腰痛に及ぼす影響

 

世間で言われているコルセットを着ることで得られるメリット・デメリットとは?

メリット

1,腰痛の軽減:コルセットは腰部を安定させるため、腰痛の症状を軽減する効果があります。 特に、運動中や長時間の座位で腰に負担がかかる場合に効果があります。

2,姿勢改善:コルセットを着用することで、腰の曲がりを改善することができます。これにより、腰部への負荷を減らし、腰痛の症状を軽減する効果が期待できます。

3,サポート効果:コルセットは、腰部をサポートするため、腰痛を誘発する筋肉の緊張を緩和する効果があります。これにより、腰痛の症状を軽減することができます。

参考情報:腰痛の評価と腰椎コルセットの評価…

デメリット

1,筋肉の弱化:コルセットを長時間着用すると、腰部の筋肉が弱くなる場合があります。(筋肉は弱化しないとの論文も)

2,呼吸困難:コルセットを使用することで腹部の圧迫が増加し、呼吸が困難になる場合があります。これは、コルセットが腰部だけでなく、胸部や腹部まで圧迫するためです。する場合は注意が必要です。

3,不快感:コルセットを着用することで、身体の動きが制限され、不快感を感じる場合があります。

参考情報:バックサポートベルトの長所と短所 サウスイースタン スパイン インスティテュート

 

Haru式コルセットの付け方

コルセットの否定的な意見も散々言ってきましたが(笑)、取り敢えずオススメなつけ方をご紹介。

まず1つ目がコルセットを股関節につけることです。

股関節につけることで骨盤と大腿部をホールドしてくれます。

その状態で歩くことである程度の骨盤矯正が見込まれます。

Haru整骨院では小尻目的で来院された方には必ずこの方法をオススメしています。

 

2つ目にコルセットのつける場所を少しづつ変えて、

一番楽なポジションに付けていただく方法です。

こちらは腰痛を起こす原因の近くを圧迫することで痛みに係る負担を軽減するものです。

骨盤を矯正するのではなく筋肉と関節の圧力を分散させる役割があると思われます。

コツはここに付けていると動きやすいと感じるところにつけてください。

※コルセットの種類はたくさんあります

参考情報:腰痛緩和に使用されるバックブレースの種類 Spine-health

 

コルセットが腰痛に対して効果的かどうかは、個人差や腰痛の原因によって異なるため一概には言えません。

いくつかの研究は、腰痛に対してコルセットが一時的な痛みの緩和につながると言われている文献も。

コルセットが腰痛に対して有効であると主張する部分の研究もありますが、今はまだ分かっていません。

しかしコルセットは上手に使えば腰痛を軽減する効果があります。

ただ、長時間の使用や正しい使い方をしない場合はかえって逆効果になることも。

無理をしないで気を付けてやる事をオススメします。

また、他のブログでもコルセット以外にも腰痛対策の方法も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

 

漫画で腰痛施術をご紹介

小窪 一春

投稿者:小窪 一春

1980年2月22日生まれ
O型
趣味:子供と釣り、新しい治療の勉強と研究

カイロプラクティック(アクティベーター)
オステオパシー
機能神経学
シナプス療法